「慰霊の日」

今日は、慰霊の日。
沖縄戦で犠牲になった方々を、慰霊する日。

どれだけの日本人が
今日の意味を知っとるじゃろうか。

それは、原爆を学ぶ私の広島の8月6日
そして長崎の8月9日も同じ。
どれだけの日本人が、戦争を想うんじゃろう。

お世話になっとる被爆者の方は
「幼い頃の『戦争』は、兵隊さんが外国の戦場に行って闘う事じゃった」
と、仰った。

それも、もう二度とあってはならん事じゃけど

普通の人たちが、爆撃を受け、業火に焼かれ、銃を撃たれる。
鬼畜が(鬼畜米英と教わっていた)目の前に迫って来る。
目の前で家族や友人が死ぬ、自分も死ぬ。

想像できるじゃろうか。
できんかもしれん。
できんじゃろう。

でも、想像しようとせにゃいけんのじゃと
うちは、思う。

真っ暗なガマの中で
我が子を殺さねばならんかった母親たちがいた事を
高校生の時に沖縄で聴いた。

命は、奪い合うもんじゃないのに。

今日は、沖縄を想う。
自分にできる事を、一日を大事に生きよう。


[PR]
# by 1000no-turu02 | 2017-06-23 11:58 | ヒロシマで、考えた。

嬉しかったねぇ~、ずっと憧れとったんじゃけぇ。

教練の授業で、銃を掃除するのがね。
_____________________________

被爆当時、14歳じゃった男性が
そう教えてくれたんよ。

その男性は
生まれた時に 満州事変。
じゃけ、それからずーっと戦争と共に生きてきて
将来の夢は
「立派な兵隊さんになる事」じゃったそう。

中学生になって「教練」の授業で
上級生が実際に銃を撃つのを
羨ましく思っとったんだって。

自分たちは、分解とか掃除じゃったけど
それでも、銃に触れられるのが、嬉しかったって。

「死に対して、深く考えてなかったんじゃろう。
 国のために死ぬんじゃと、思っとったからね」

そう仰っとった。


教育って、恐ろしいよね。
この年代の人たちは
ずっと当たり前だと思っとった事が
ひっくり返った経験を持っとる。

もし自分が、って思っても
想像するのが難しい。

うちには もう祖父母もおらんし
当時の事を聞ける身内はおらん。

父はもう他界したし
母は子供じゃったけぇ
戦後の苦しい生活は聞けるけど
そういうのは、あんまり話したがらんよね。
楽しい話じゃないけんね。

被爆者の方に話を聞ける機会を得られて
ほんま、幸せじゃと思う。

教えてもらえるうちに
もっともっと
いろんな事を教わりたい!
そう思うわ!



[PR]
# by 1000no-turu02 | 2017-05-19 19:04 | 知れば見方も、変わってく。

ずっと行ってみたかった場所、それは・・・

比治山 陸軍墓地
_____________________________

いつもいろんな事を教えてくれるKさんが
随分前にワタシが
「陸軍墓地に行ってみたい」と言ったのを
覚えてくれとって
連れて行ってくれたんよ!!!

あ、写真を撮るの、忘れた。
それくらい、すごい光景じゃったわ。

異様な雰囲気。
墓石が隙間なく並んで
奥には大きな墓石の柱が並んどった。

調べて初めて知ったけど
先の尖ったお墓は、神道式のお墓なんじゃね。

戦没者は、英霊という、神に仕える霊となる・・・
ということなんかね。


下に見えるのは
赤レンガの旧陸軍被服支廠
検疫所があった似島
戦地に向かう出発の場所、宇品港(現在の広島港)
・・・。

多くの戦没者の魂は
ここで眠っとるんじゃろうか。

墓石には見慣れん文字が並んどった。
それは、戦争のためのいろんな役割(仕事)の名称のよう。
読めんのも多かった。

漢字の雰囲気で、こんなのかな?って思うものもあったけど
ほんまに、いろんな文字があったわ。


陸軍墓地の後ろには、放射線影響研究所が。
これもまた、違和感。

放射線影響研究所。
前身は、ABCC。

被爆者の方たちにとってABCCは
決して良い場所ではないけんね。


戦争、原爆。
比治山から、感じる違和感。

その意味を
もっと、ちゃんと知りたいと思った。

そして
その場所に実際に立ってみる事の大切さも
改めて実感した時間じゃったわ。


それにしても!
1人じゃ絶対に辿り着かんかった!!!
ありがと Kさんっ!!!

またどっか連れてってねん♪


[PR]
# by 1000no-turu02 | 2017-05-18 22:48 | ヒロシマで、考えた。

広島平和記念資料館の、ホワイトパノラマは・・・・

あれは、落とした側の目線じゃん
_____________________________

広島に1泊2日で帰って来た、というか
学びに行って来たんよ。

リニューアルした平和記念資料館にもね
入ってみたんよ。

ボロボロになった服
大事に使っていた品
遺品から、人の温もりを感じられて

この服を着とった人は・・・
これを持っとった人は・・・
そう考えずには おれんかった。

でも、唯一、うちが違和感を感じたのは
ホワイトパノラマじゃ。

今の平和公園、相生橋めがけて
原子爆弾が落とされる。
落ちてくる。
炸裂して、街が、無くなる。


??

?????

・・・で?

ここにおった人たちは?
ここにおった人たちの、人生は?命は?
家が、建物が壊れて、何も無くなって
それで?
それで終わり?
えっ?
これって、ここにおった人たち側の視点じゃのうて
落とした側の、エノラ・ゲイ側の目線じゃん!?!?
落として、光って
一瞬で街が飲み込まれて
バーンって街が壊れて
残った地面だけが現れる。

えっ・・・・???

申し訳ないけれど
何が伝えたいのか
分からんかった。

原爆の威力を、凄まじい破壊力を
示したかったんかな?
「原爆って、すごいわー」そう思って欲しかったんじゃろうか。
もしそうなら
ヒロシマは、原爆の威力を示す場所ではないじゃろうにって
うちは思ってしまう。

90秒の映像。
そこに、人の命は示されてなかった。
それは、他の展示で見ろって事なんかね?

でも、せっかくの技術を利用した展示。
もう少し、どうにかならんかったんかなぁ。

うちは前の模型の方が、良かったと思ってしもうた。

うちは、じゃけど
すごくすごく、残念な印象じゃったわ。

じゃけこそ
いろんな人に資料館に行ってもらって
いろんな思いを持ってもらえたらええなぁ、って思うわ。

あ!それと
あのパノラマを見る時は
柵をちゃんと持っとった方がええよ!
うち、フワァってなったけん。
あれは、酔うよ。



[PR]
# by 1000no-turu02 | 2017-05-17 18:00 | ヒロシマで、考えた。

初めて聞いた、戦争体験。それは・・・・

修学旅行で行った、沖縄の、戦争。
_____________________________

ワタシがヒロシマの被爆体験以外で
初めて戦争について、直接話を聞いたのは
高校の修学旅行で行った、沖縄じゃった。

広島市では、生まれ育っていないが
広島県民として、子供の頃から学校で
平和学習なるものを受けてきたワタシにとって
「戦争」イコール「原爆、ヒロシマ」じゃった。

がっ、
あの修学旅行で
バーンと殴られたみたいな気持ちになった。

夜、ホテルの広間で聞いた
沖縄の、戦争。

それは、もう、衝撃以外の何物でもなく
自分は今まで何を勉強してきたんじゃろう?と
とにかく、大きなショックを受けた。


原爆の被害だけじゃ、ダメなんじゃ。
「戦争」そのものを知らんと、いけん。

若い時にそう教えてくれた、沖縄での時間は
ワタシにとって、大切なものになっとる。



[PR]
# by 1000no-turu02 | 2017-05-06 18:17 | 影響を受けた、出来事。

大好きな街「広島」の「ヒロシマ」を知りたいと思い立ったワタシの、心の声ブログ。


by 1000no-turu02
プロフィールを見る